イースターについて
ribbon

キリスト教で重要な行事であるイースター

日本ではイエス・キリストの誕生を祝う日であるクリスマスは有名ですが、イエス・キリストが死後三日目にして蘇ったとされるイースターは馴染みが薄いと思います。しかし、キリスト教ではとても重大な行事にあたります。イースターは3月21日を春分として、春分から最初の満月の次の日曜日になるため、年によって、日にちが違います。
生命や復活を象徴するものとして使用されたと言う説がある「イースターエッグ」と子だくさん"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

イースターとエッグについて

イースターとは別名「復活際」とも呼ばれ、イエスキリストが十字架上で死に三日目によみがえったことを記念するものです。キリスト教信者にとってはとても重要なものです。イースターの期間は春分の日のすぐ後の満月から数え最初にくる日曜日にあたります。そのため日付は固定されていません。その日にはイースターエッグという卵の飾りを飾り付けたり、家族でごちそうを食べるなどして祝います。イースターの象徴ともいえるエッグ

(さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

イースターとは、どんな日か

現在、日本でも注目を集め始めているのがイースターです。
ただ、名前を聞いた事があっても、具体的に何の日か分からない、可愛いたまごの印象しかないという人も少なくないでしょう。
イースターとは、十字架にかけられて死んだイエス・キリストが、3日後に蘇った事を記念する、キリスト教徒にとっては最大の祝日で、復活祭や復活節とも呼ばれています。
イエス・キリスト関係で有名な日といえば、12月25日のクリスマスで"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

少しずつ認知度が高まっているイースター

イースターとは、キリスト教で最も重要な行事です。日本では、あまり馴染みがありませんが、ここ数年で少しずつ認知度が高まっています。日本語では復活祭とも言われ、キリスト教でイエスの復活を祝うキリスト教最古の儀式でもあります。
イースターは、春分の日の後の最初の満月の次の日曜日と決められているため、3月21日から4月24日の間に行われ、毎年、日付が変わる移動祝祭日です。
日曜日の1日だけがイースター当日"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新
ribbon

イースターとは何をする日?

近年ハロウィーンが日本でも定着して来ましたが、まだまだイースターについて知らない方が多いのも事実です。
どういったイベントなのか簡単にご紹介したいと思います。
キリスト教徒にとってクリスマスと同じくらい大切な祝日と言われ、亡くなったキリストが3日目に復活した日を祝う日です。その為、復活祭と呼ばれることもあります。日付は毎年変わり、春分の日後の最初の満月から数えて最初の日曜日となり、2015年は4月"

" (さらに…)

未分類 | 01月08日更新